トップ / 学校の冬休みの長さに関して

学校の冬休みの長さに関して

学校の冬休みの長さ

実質の学校の冬休みの長さ

学校の冬休みは、正式には12月23日の天皇誕生日前後から始まり、年明けの5日や6日ごろまでに設定されているケースが多いです。しかし、実質的には休みとなっている期間がもっと長いです。例えば、中学生や高校生であれば、期末テストが終わった後に保護者と担任との面談が設定されるのが一般的です。面談期間中は、教室が通常授業に使用できないことや、教員が面談をしなくてはならないため、授業は休みにするか、短縮する学校が大半です。そのため、生徒にとっては早めに休みが始まることになります。この影響は、設定期間が最短である冬休みに最も大きくなります。

学校,書類

冬休みは受験生にとって大切な時

学校には何回か長期の休みがあります。中でも夏休みと冬休みは、受験を考えている中学生や高校生にとっては大切です。授業だけで入学試験に合格するのは大変ですので、自分で勉強する必要があります。長期の休みには宿題も出るでしょうが、もっと難しい、受験に直結した問題を解くいい機会です。特に冬休みは受験目前ですので、どう過ごすかで結果が変わってくる可能性もあります。志望の学校の過去問を入手して、出来るだけ何回も解く事が必要です。それと同時に健康管理にも気をつけましょう。試験当日に体調を崩しては実力を発揮できません。

↑PAGE TOP