トップ / 学校の法律と位置づけに関して

学校の法律と位置づけに関して

学校の法律と位置づけ

法律を学べる学校を探す

私たちの生活には、様々なシーンで法律が関わってくることになります。そのため、そういった知識を学んでおきたい、子供に学ばせたいという方も多いことでしょう。高校まではなかなかそういった学校はありませんが、大学の法学部などでは専門的に学ぶこともできます。それ以外にも、専門学校や資格予備校で法律を扱うことも多いです。公務員試験や各種資格試験に関わってくるということもあり、法学部以外でも学んでいる方が多くいます。そういったところで学ぶという方法も考えつつ、自分の進路を考えていくようにするといいので、参考にしてみてください。

学校,書類

学校における法律と関わり

学校教育法は、連合国軍の占領統治の下、日本国憲法制定後の議会であった第92回帝国議会によって教育基本法などとともに制定され、1947年(昭和22年)3月31日に公布、翌4月1日から施行されました。学校教育法はなんとこれまでに30回にも渡って改正されています。大学とは、学術の中心として広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的としており、このように、学校の位置づけにおいてはほどんど教育法に明記されています。とは言え、書かれているものと書かれていないものがあることも、事実です。

↑PAGE TOP